カードローンは相談してから決める

誰でもお金が足りなくなってしまい借りたいと思うことがあります。
しかし、専業主婦の場合はどこからもお金を借りることが出来ないから、諦めるしかないと思っている方はいませんか?
銀行カードローンでしたら、主婦の方でも申し込みが可能となっているので、いざという時にはとても助かります。
配偶者に内緒でカードローンを利用したいという方もいるでしょうけれども、出来れば相談をきちんとしてからの方が良いと言えます。


カードローンの申し込みに必要なものは?

申し込みに必要なものは、配偶者の同意書と夫婦関係証明書の2点だと言われているのです。
これらの書類を提出できなければ、専業主婦の方はカードローンを申し込むことが出来ませんのでご注意下さい。
印鑑などは必要ございませんので、他には身分証明書も準備しておくのが良いです。
配偶者の同意書を自分で偽って提出することは禁じられていますので、勝手に記入して提出しないようにしましょう!


本当に困った時だけ

お金を借りるのは、本当に困った時だけにしておかれることをお勧め致します。
例えばどうしても欲しいものがある場合は、パートなどで働いて購入するなど色々策を練ってみることが大事です。
生活費や養育費が足りない場合でしたら、銀行カードローンに頼ってしのぐのがベストですが、それ以外の事でしたら代案を。
返済時に困ってしまうのはご自分だという事を忘れずに。

Posted in 専業主婦のためのカードローン. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.